読みやすくなるようにリニューアルしています。

文章を書く怖さ ブログを書くことSNSを使うこと

こんにちは、カズミィです。

いま読んでいる本の中に、上阪徹さんの「書いて生きていくプロ文章論」という一冊があります。まだ読み終えてはいないのですが、すでに学びがたくさんありました。

その本の中に、「誰かや何かを批判する文章は比較的書きやすいものだ」という一文があります。上阪さんが先輩ジャーナリストから聞いた言葉とのことでした。

「文章を書く怖さ」は、ブログだけではなく、メールやSNSにも当てはまると書かれています。

何より批判的な文章は、書くことが上手くなったような錯覚を起こすとのこと。なるほどと思いました。

今回は文章を書く怖さを含め、私が過去にSNSで行った「間違った親切」についても書こうと思います。

 

ブログを書くことSNSを使うこと

批判が賛同される理由と批判文が書きやすい理由

批判を書くと賛同される理由

言いたいのに言えないこと、誰にでもありますよね。そして誰もが代弁してくれる人を探しています。ブログだけではなく、メールや会話でも同じです。

例えば、「すごい」の裏側にある「妬ましい」という思いを、人は口にすることを嫌がります。自ら語ってしまうことで、自分の価値が下がることを知っているからです。

同時に、「誰が言い出したのか」は、後々重大な意味を持つことも分かっています。

成功をたたえる行動を美徳とする世の中に口をふさがれたまま、先頭になって代弁してくれる人を探しているのです。

 

ネット上にある嘘

私はまだネットに不慣れなようです。本当に苦しんでいる方に紛れて不幸を演出する方を、未だ見分けることが出来ません。

たとえ「心配で何とかしてあげたい」という思いで行動するとしても、様々な理由を持って待ち伏せる危険があることを、最近になってやっと知りました。

自分では言いたくない内容を、誰かに語らせるよう誘導する文章もあります。

SNSに不慣れなことを理由に「仕方がない」「知らなかった」では済まないこともありますから、気をつけなければなりません。

親切のつもりでしたことや、助けたい思いでした助言を、悪意を持って流されることになれば悲しいですよね。


 

SNSに公開された悩み

言葉が足らないと誤解を呼ぶ?

誤解をされるかどうかは、相手と自分との間の信頼関係によって大きく変わると思います。

信頼関係があれば、言葉が足らなくても、よほどのことがなければ誤解されません。相手の意図をくみ取る準備があるからです。

もちろん、明らかに悪意がある言葉遣いや嫌がらせのようなことを繰り返されるのなら、それはもう「誤解」ではなく、そのままの「悪意」だと思います。こちらは誤解には含まれません。

文章を書き始めてから誤解を呼ぶような文章に出会うと、「こういうことが言いたいのだろうな」と、なんとなく分かるようになりました。同時に、文章を書くことを日常にしている方なら、自分と同じように分かってくれるだろうという甘えがあることも否めません。

 

誤解を呼ぶ大きな原因

誤解されてしまう原因は、大きく分けてみっつあると思うのです。

信頼関係があるにもかかわらず、本当に相手を誤解させてしまうほどの内容だった場合がひとつ。

信頼関係があるないにかかわらず、受け取る側が不快に感じる内容だった可能性がひとつ。

最後のひとつは、受け取る側が悪意を持って受け取ったときです。この場合、批判の対象になりかねません。

 

ネット上で悩みを打ち明けること

悩み事をネット上で公開すると、当たり前ですが、不特定多数の人から回答を得る可能性があります。

ネットで悩みを打ち明けた時点で、「自分のことをよく分かってくれている信頼関係のある人にだけ知って欲しい」そして「そういう人たちにだけ答えて欲しい」という部分がなくなります。

この場合、悩みをSNSで発信した本人は、信頼関係がない相手からのアドバイスに対して自分が持つことになるかもしれない誤解を、ある程度考慮しながら、気に入らない意見も聞く覚悟を持たなければなりません。当然、「相手は自分のことを良く知らないのだから仕方がない」と思いながら話を聞くことになります。

SNSで悩みに回答してくれる方々は、発信した悩み事に特化した解決方法を考えてくれますし、過去の自分が同じような悩みを解決した方法を教えてくれることもあります。

 

悩んでいる人を助けたいという思い

ネット上で大変な悩みを抱える方を見かけると助けてあげたいと思いますよね。居ても立っても居られずに助言をすることもあります。自分が経験して解決できたことならなおさらです。

ただ、そこには間違いが潜んでいる可能性があります。

過去に私自身も、とても重い内容の悩みを見てアドバイスをしたことがあります。しばらくして後悔しました。SNSで発信している内容だけでは判断できない。そう思ったからです。

何かをしてあげたいという思いは、私の思い上がりにほかなりません。どんなに大きな悩み事だとしても、本人は解決方法やアドバイスを望んでいない可能性もあるのです。


 

ブログを書くことで解決することと注意したいこと

SNS上にある悩みごと

SNSで発信された悩みの場合、発信者は解決のために誰かの意見を求めたいわけではなく、発信することでラクになりたいだけかもしれません。

発信者がただ賛同を欲しかった場合、親切のつもりでしたアドバイスは押し付けになってしまいます。

先ほども書きましたが、私も過去に、SNSで悩み事を見かけてアドバイスをした経験があります。その悩み事の重さを知っているために、事を重大に受け止めたからです。

その後、上記の可能性を知って反省し、直接アドバイスはしないよう気を付けることにしました。

これはSNSだけではなく全てに当てはまる怖さかもしれませんね。

ブログであれば、相手に意見を押し付ける可能性が減ります。悩みを持った方がブログのタイトルを見て訪れたとしても、求める内容ではないと分かれば、ページを閉じて他の意見を探すことができるからです。

 

難しくても努力をしたい

上阪さんが本の中で「まるで誹謗中傷をするだけのために文章を書くというのは、なんとも寂しく、悲しいものだな」と綴っています。

冒頭でも上げたように批判文は書きやすいと言われています。

文章を書くときは、一度頭の中でまとめた内容をアウトプットしますよね。誰かを批判したいと思うエネルギーはとても強く、様々な思いを一気に書き出すからではないでしょうか。

本の中にも、自分がまるで文章が上手くなったような錯覚を持つことが落とし穴だと、書かれていました。同時に、「批判をしない読まれる文章」を書くことはとても難しいとも伝えています。

文章を書くときは人を傷つけないように、そして批判の対象にならないように気をつけなければなりません。これはブログだけではなくSNSやメールにも同じことが言えます。

私自身、文章を書くことは怖いことでもあると知り、気を付けるようにはなりました。それでも、まだできていないことはあるかもしれません。誰かのためを思ってしたことでも、不快な思いをさせる可能性は潜んでいます。


 

まとめ

カズミィのもうひと言

ブログを書き始めてからちょっとした悩みができました。

長い文章を送る必要があるときに、導入文と結論を書いてから中身を書いていく癖がついたのです。それ自体は良いことだと思うのですが、途中で誤送信をすると失礼な内容になってしまいます。

相手がブログを書いている方なら、「分かる分かる」と、笑いながら理解を示してもらえます。でも、そうではない方へ間違えて送信してしまうと、恥ずかしい思いをしながら言い訳のような説明をしなければなりません。気をつけなければいけませんね。

こうして笑って済ませてもらえるのは、お互いに信頼関係のある相手だからです。そうではない方に失礼をしてしまったときは、本当に申し訳ない気持ちになり悔やんでも悔やみきれません。

長文にも、短文にも、楽しい文章もあれば人を傷つける文章もあります。

誰かが楽しめたり、誰かを助けたりする文章を書きたいという目標を、反省を抱えながら、未熟ながらも見失わないように持ち続けたいと思っています。

さいごまでお付き合いいただきありがとうございました。

誤解がないように、分かりやすい文章を書けるように、これからも勉強を続けようと思うカズミィでした。

そして、このブログを書くきっかけを与えてくださった上阪徹さんに感謝します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA