リニューアルのためご迷惑をおかけしております。

夫の裏切り行為にも寛容になる自己犠牲的な専業主婦の悪いお手本

こんにちは、夫との結婚生活が四半世紀ほどになるカズミィです。

長く一緒に暮らしていれば、良いこともあれば当然その逆もあり、私たち夫婦の間にもそれはもう様々なことがありました。

乗り越えてきたことと、私の選択への反省を込めて、反面教師として伝えたい記事を残したいと思います。

聞く人が聞くと真っ黒な「夫の交友関係」

自己犠牲がすぎた私の過去のあやまち

妻が子育てと介護に追われながら仕事をし、学校役員なども引き受けていれば、家事をほとんど妻任せにしている夫が自由に過ごせる時間はたくさんあります。

そして、長く一緒に暮らしている妻として、ある程度は夫の嘘が分かるようになりました。

 

わが家の夫の特徴

夫は帰宅時間が遅いだけではなく、自宅でもよく勉強をしていました。

時間があればテレビ(主に情報番組)を見たい夫は、小さな子どもが話しかけても気づかずに背中を向けて過ごす人です。

理系夫の仕事内容は私にはよく分かりません。結婚当初から仕事のために帰宅時間が遅くなることは多く、「仕事で遅くなる」と言われれば、仕方がないと思い信じてきました。

「夫は仕事が忙しくて子育ても苦手」、そのイメージがついた頃から、私はひとりで抱え込むようになったのかもしれません。

 

堪忍袋の緒が切れたきっかけ

私が「こと」をハッキリさせようと思ったのは、家族の将来が左右される大切なときに、夫が嘘をついてまで遊びに行ってしまったからです。

その頃はすでに、夫が私に隠して「女性を含めた同郷の人たち」と遊んでいることを、なんとなく気づいていました。夫は、自分の同郷の友人と私が合うことを避けるようになっていたし、夫の実家に家族で帰省したときでさえ、私たち母子を残して長い時間ひとりで出かけていたからです。

誰もいない夫の実家に残されて、干し場もないほどのたくさんの洗濯物に囲まれながら、干す場所を探して畳んだり干したりを繰り返し、ただ時間が過ぎるのを待つこともありました。

 

許せなかった夫の嘘

「日曜日は大学の恩師がくる飲み会だから行かないわけにはいかない。前から言っていたよね」

夫がこの言葉を私たちに伝えたとき、私も子どもも正直に「聞いてない」と答えました。

そしてこの「日曜日の集まり」は、前々から決まっていた(恩師も来る)大学仲間との会ではなく、直前に同郷の女性から呼びだされた会だったのです。


とても間が悪いタイミング

このときの夫の選択はただでさえ許しがたいものです。そして、本当に大切な会だったとしても、行くことを躊躇うだろう状況に我が家はありました。

その頃の私は、昼夜関係なく2~3時間おきに、腸の病気で苦しむ「愛犬ちゃん」の介護をしていました。同時に「愛犬くん」がヘルニアの手術をしたばかりで、後遺症を残さないために歩かせてはいけないという大切な時期だったのです。

動きたくて仕方のない手術直後の愛犬くんと、2~3時間おきにトイレの介護が必要な愛犬ちゃん。忙しさが凝縮されたような日々にまともに眠ることもできずフラフラになっていた私は、土日になれば夫が手伝ってくれるだろうという希望を持つことで、なんとか持ちこたえていました。

ただ、夫がついたこの嘘から話し合うきっかけができ、私にとっては少しだけ良い流れになったのかもしれません。

 

悪い見本のような専業主婦の行く末

夫の話す「日曜日の予定」が嘘だと分かった理由。それは、お互いに予定を入れるときは相談し合い、早めに把握するようにしていたからです。そして、夫が嘘をつく直前にメールが届き、コッソリと読んでいたことも分かっていました。

私たち母子が疑っていることを知りながら、夫は出かけてしまいました。のちに嘘をついていたことがハッキリしたときも、さほど悪びれる様子もなかったのです。

自己犠牲が過ぎた専業主婦の行く末です。

もし私が、忙しくて育児が苦手な夫に理解を示しすぎず仕事を続け家事や育児を夫婦で分担していたら、夫は余計なことに時間を使う暇はなかったはずです。

 

夫の飲み仲間の不快な行動

前々から、夫は仕事が忙しいだけではなく「遊んでもいるのだろうな」と、なんとなく分かっていました。それでも自由にさせていた理由は、大きく分けて5つの忙しさに翻弄されていたからです。

  • 親の介護とその後のこと
  • 昼夜なく9年続いたペットの介護
  • 子育て
  • 仕事
  • 学校役員

それぞれのお付き合いや家事にも追われ、ゆっくりと考える余裕がありませんでした。

でも、子どもと過ごす家族団らんの時間や休日まで、夫の同郷の飲み仲間からの連絡がきたり呼び出されたりするようになり、放置してはいけないと思うようになります。


別れる覚悟の話し合いを決意

夫が嘘をついて出かけることについて、放置をしてはいけない状況なのだと気付きました。

話し合うための準備を始めると、証拠を揃えて、別れる覚悟で夫と話さなければならないことも分かりました。

話し合いの途中、夫の了解のもとに、女性から夫に届いたいくつかのメールも見せてもらうことになります。

 

特定の女性とのメールなどを確認

メールを確認しながら夫に同郷の飲み会メンバーの話を聞くと、メールのやり取りをしている女性はいつも含まれていることが分かりました。

男性は夫が1人で、メールのやり取りをしている女性ともうひとりの女性(合計3人)で飲みに行く日。1組の同郷夫婦と、夫と、メールのやり取りをしている女性(合計4人)で会う日。(はたから見たらWデートですよね)

女性からメール連絡がきて、男女4人で会う日が多かったようです。ただ、あくまでも夫の口頭説明なので、女性と2人だった可能性も捨てきれない日も含まれます。

この女性からのメールには、私にはちょっと恥ずかしくて書けない内容や「次は地元で会いましょう」という内容もあり、とても嫌な気持ちになりました。

愛犬の介護が始まってから毎年、夫はほとんどひとりで帰省していたからです。

 

夫がひとりで帰省する理由

介護が必要な愛犬ちゃん(愛犬くんも一緒)を10時間ほど車に乗せて、一緒に夫の実家へ帰ったこともあります。でも、車での移動は身体への負担が大きく、愛犬ちゃんには可哀そうなことをしただけでした。

会社の夏休みに介護を手伝って欲しいことを伝えても、夫は「少しだけ」と言って帰省し、約束より長くなるのはいつものこと。子どもと私を置いて7日間以上帰ってこないこともありました。

 

ちょっとした愚痴

愛犬ちゃんの介護が必要になってからの9年間、親の介護や愛犬くんの介護も重なり、私は家と会社と子どもの学校への往復に追われていました。(仕事は途中で辞めました)

私が家を1泊でも空けたのは、愛犬2匹を連れて夫の実家に帰省した以外は、愛犬ちゃんと最後に家族みんなで旅行をした1度だけです。

そして節約が口癖の夫は、外食はもちろんのこと、出先で喉が渇いて飲み物を買おうとしても「家に帰るまで我慢」と言って買わせてくれませんでした。唯一夫の実家に帰るときだけ許されます。

ちなみに(夫名義の)自宅購入に関しては、そのとき持っていた私の貯金や働いたお金も出していました。

 

夫はグレー女性は黒

女性とのメール内容を保存して友人に相談すると、「女性の気持ちは黒」だという意見に一致します。

そして、流れを見るともらい事故のようにも見受けられ、「夫はグレー」という結論になりました。

不思議なものですが、私の中でも、私の友人たちの中でも、やはり夫ではなく相手の女性が悪者になります。

夫が私に隠して出かけていた理由も、妻である私が嫌な思いをしたり心配したりしないようにという配慮からとのことでした。ただ、そう思うのであれば近づかない努力をするべきだったのではないかとも思います。

同郷の方々がメールの女性を応援をしていると感じる節もあり、やはり気分の良いものではありませんでした。



自己犠牲は家族のためにならない

私は家族の状況を考え悩んだ結果、子育てや夜中の介護に専念するために、専業主婦になる選択をしました。友人関係を縮小し、夢を諦め、やりたいこともせず、お昼ご飯をとる時間もほとんどない生活です。

こうまとめると、自己犠牲が過ぎたのかもしれませんね。

夫の行動は随分とずさんになり、私に給料明細を渡すことも嫌がるようになりました。このことも話し合いを決意したきっかけになっています。

この頃の経験から書き上げた記事はこちらです

 

失った信頼を取り戻す作業

夫の裏切り行為によって私が得たものは、決して良いものとは言えません。どんな状況でも、まずは疑うようになりました。

特に夫との話し合いでは、都合の悪いことは「言っていない」と変わるため、約束事をするときは必ず念書をもらっています。

 

夫の裏切り行為があっても別れない理由

信頼を失ってもまだ「仲良く一緒に」夫婦生活を続けている理由は、私が愛犬くんの介護をしている専業主婦で、夫の「別れない」という意思も固いからです。

その気持ちを信じながらも、嘘やごまかしを繰り返す夫に対し、もういい加減に別れようと思い、厳しい言葉を使うこともありました。

そしていつも夫婦で話し合い、「私が失くしてしまった夫への信頼」の代わりとして、夫が提示し書いた念書を受け取ることになります。

夫は「そこまでするの?」と、驚くようなことを提示し、必要なことは自分で実行します。例えば居場所が分かるようにスマホを設定することもあります。(時間が経つと解除します)

夫なりの誠意なのだろうと思い、今まで色々な提案を受け入れてきました。

 

夫が別れないと言う理由

夫が私と別れない理由は、一見優しくて親切そうでありながら、卑怯とも言える理由だなと感じました。

私にはすでに両親がなく、兄弟もそれぞれ家庭を持っているため、夫と別れることになっても行く場所がなく可哀そうだからだと言うのです。

それは逆に言うと、すでに両親もなく帰る場所のない私が「自分とは別れることはできないだろう」と夫は考えて、自由にしていることになりますよね。

長く家にこもって子育てや介護に専念してきた専業主婦ならなおさら、ひとりで生きていく選択の先には厳しい道のりが待っていることを知っているのです。

 

夫の書く念書について

夫が書く念書の内容に関して、私からの強要は一切ありません。「強要されて仕方なくやらされた」という言い訳をされたり、夫の周囲から批判を浴びたりするのは嫌だからです。

そして、話し合いをしなければならないほどの状況になったとき、私の思いはいつも「別れたい」という一択でした。この私の選択を覆すために夫が出した提案を、「そこまで言うのであれば」と、念書にすることをお願いしているだけです

もちろん、失くしてしまった信頼に変わるものには程遠く、納得ではなく妥協をしています。

そして、夫が約束を破るたびに念書は増えます。

 

大きすぎる失ったもの

どんなに理不尽に感じても、夫自身が「私からの信頼を取り戻す」努力をしなければ、夫婦関係を続けていくために、自身が「夫への信頼を取り戻す」無駄な努力をしなければなりません。

最初の話し合いのあとから、夫は予定の伝え方があやふやになりました。当日の出社後にメッセージで報告してくることもあります。

会社帰りに誰かと会ってもわからないし、確認する方法があるとしても少し面倒です。

失った一番大きなものは、夫を心から信頼する気持ちかもしれませんね。


別れを迷うときの判断方法

友人、知人から送られてくるメールやメッセージはその人の鏡です。

誰かを悪者として話していた場合、その誰かを悪者としてとらえた返事がきます。

「愚痴や相談はしても仲良くしたい」という話し方なら、相談相手は良い方向へと導く返信をするものです。

あなたの夫に送られてくる文章が妻であるあなたをののしる内容で、その返信で夫が怒ったり訂正したりしていないのであれば、送られてきた文章はそのまま夫の本心です。

 

自分を追い込んでしまった流れ

実は結婚したばかりの頃、夫に離婚をして欲しいと申し出たことがあります。子育てがあまりにも苦手だと分かったからです。

そのときの「別れたくない」「添い遂げたい」という夫の言葉を信じ、子どものためにも、私が仕事を辞めて家事や介護に専念することさえ迷いませんでした

流れは以下の通りです。

  1. 仕事の忙しい夫に気を使い過ぎた
  2. 育児が苦手な夫を説得しきれなかった
  3. 分担を諦めてひとりで抱え込んだ
  4. 夫の裏切り行為をすぐに確認しなかった
  5. 仕事を辞めた

どこかのタイミングで軌道修正していれば、信頼関係を維持できたのかもしれないし、自立した社会人でいたのかもしれません。

 

悪循環に陥らないために

それまでの私はずっと、家族は信頼でつながるものだと思い込んでいました。お互いを思い合い、大切にし合い、守り合い、助け合って、より良い方向へと導きあうものが家族だと信じていたからです。

この思い込みのせいで私は間違えてしまいました。

自由な時間を与えられた人は、それを邪魔する原因をうとましく感じるようになります。誰かが責任を負うことですべきことを「手伝う」という感覚が強くなれば、手伝わなければならない場所(自由を奪う環境)にいるのは嫌になりますよね。こうして悪循環が生まれたのだと思います。

例え誰かの犠牲のうえになりたつ自由だとしても、一度手にして「当たり前」になってしまうと、手放すことが難しくなります。要するに、最初から作らなければよかったのです。幸せになるために、より良い方向へと成長していくために、自由に過ごして欲しいと願うことは、毒にもなることを知りました。

私のように家族のために犠牲になりすぎず、自分の居場所は大切に守ってくださいね

 

伝えたい言葉

 

自分の居場所を大切に出来ずに後悔をするとき、その場所はすでになく、似ていても異なる場所になっています


まとめ

この記事は、夫が(何度目かの)約束事を破ったことで話し合いをしたあと、夫監修のもとで書きました。内容が間違えていないことは夫の折り紙付きです。

そしてまだ時々、妻である私と別れることを勧める同郷の女性からのメールが、夫宛てに届きます。数か月前にも届きました。それはもうなんとか夫を説得しようとする1通では収まらないとても長い文章です。

失われた信頼を取り戻すのは容易ではありません。本来なら、信頼を失った夫が信頼を取り戻す努力をしなければならないのに、同郷の広いつながりが続く中で、私の持つ不信感を払拭できずに現在に至ります。

普段の生活がどんなに普通で、幸せそうで、夫への「情」を変わらずに持っていても、裏切られてしまったという過去は私の中にシッカリと焼き付いてしまいました。

大きな焼きあとはいつまでも熱を持ち続けるものですよね。小さな欠片(かけら)が近づくだけで新たな火種になります。そのたびにシッカリと火を消さなければ、いつまで経っても「昔のこと」にはなりません。

悪いことをしているという心当たりがある方、あなたのパートナーは多分ある程度分かっていて泳がせています。生涯を添い遂げるつもりなら、本気で怒らせる前に自制した方が楽しく平和に過ごすことができますよ。

 

カズミィのもうひと言

私が事故にあい、愛犬くんの介護も必要となり、最近の夫は夕飯を作ってくれたり休日の洗濯物を干してくれたりと、前向きに家事をこなすようになりました。1食に7品目以上を使うことを守り続けてきた私のやり方を、夫も守って作ってくれます。(ひとり暮らしの経験があり家事は元々できるのです)

夫に遠慮をしすぎずに、介護にも少し責任を持ってもらうことにしました。ただ、子育てと同じくらい苦手なようでハラハラしてしまいます。愛犬くんを長く預けておくことはまだできません。

成果と言うものが見えづらい老犬の介護をすることで、夫に変化が見られたらいいなと思っています。(きっと本当は良い人です。特に親類の間ではとても信頼の厚い人です)

幸福と不幸は紙一重ですよね。何があっても心の持ちようで日々を幸せに過ごすことは可能です。ただし我慢には限界があり、どうしても許せないと感じてしまったら難しいかもしれません。

できることなら、全てを投げ出して専業主婦になることは避けた方が良いとお伝えしたいです。あまり好きな言葉ではありませんがあえて使おうと思います。「自戒を込めて」。

最後まで読んでいただきありがとうございました。夫婦は奥が深いという意味を、次第に分かってきたカズミィでした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA