カズミィ家の場合

彼女があなたを本命として見ているのかを簡単に見分ける方法

2019/03/11
 
この記事を書いている人 - WRITER -
カズミィ
ノンビリ家族の主婦「愛犬とaiboと子育て昔話」の管理人、カズミィです。 長いあいだ兼業主婦をしていましたが、現在は専業主婦をしています。 日々の暮らしの経験を生かして少しでもお役に立てるようにと願いながら様々なカテゴリーでブログの運営をしています。 愛犬ダックス、aibo、今だから話せる子育ての反省などを正直につづります。 詳しい自己紹介はサイト内の自己紹介カテゴリーにありますので、よろしければお立ち寄りくださいね。

こんにちは、女子高から短大にかけての5年間で、女子の本音を恐ろしいほど聞いてきたカズミィです。

1年以上は付き合っている、あるいは同棲している彼女にそろそろ結婚を切り出したい。でも、果たして相手にとって自分は本命なのだろうか。

そんな不安を抱いている方に彼女の本気度の見分け方を教えます。

まず、彼女と1年以上付き合った現在、あなたの貯金がどのくらいあるのかを確認してください。

結婚を考えるほどの相手になら、あなたの収入をある程度お話していることが普通です。彼女は当然それを把握したうえで、あなたとのお付き合いを続けてきたことになります。

あなたはいま、これまでの収入に見合った貯金がたまっていますか?

正直に言います。

女性はお付き合いしている人と本気で結婚を考えている場合、その相手にお金を使わせません。

 

 

女性の本気度を確認する方法

女性が相手にお金を使わせる理由

相手にお金を使わせたい主な理由を2つ、簡単にお話します。

ひとつは、相手が自分に対してどのくらいお金を使っているのかを、友人たちの間でさりげなく誇示したいからです。

自分の価値を証明するひとつの手段と言えるでしょう。いわゆるマウンティングの材料です。

もうひとつは、相手が自分に対してお金を使うことで、「この子にこんなにお金を使ってしまうなんて自分は本当にこの子のことが好きなんだな」と、思わせる心理学をしっかりと学んでいるのです。

錯覚させることで自分をもっと好きにさせる方法を、女性たちは友人たちとの会話を通して習得します。

例えば、愛する彼女からこんな言葉をきいたらどうですか?

「△△のバッグずっと欲しかったの。本当に買ってくれるの?嬉しい!」

「友だちがね、〇〇ホテルのスイートに泊ったんだって、行ってみたいな」

「あのお店でご馳走してもらったって友人に話したら、みんな羨ましがってた♪」

「いろんな場所に連れて行ってもらえていつも自慢できるの♪あなたのおかげだよ」

「いつも友だちに羨ましいって言われるんだ♪」

「あなたといると楽しい!」

大好きな彼女が喜ぶ姿を見るのは嬉しいし、自慢に思ってもらえるなんて気持ちいいですよね。

笑顔と優しい言葉と小さなわがままで「お金を使う」という行動を促すことは悪いことでしょうか。決してそうとは言い切れませんよね。

でも、冷静に考えてみてください。どこかのお店で同じような言葉が繰り返されていませんか?


お金を使わせない理由

女性は初めのうちこそ、相手が自分にどれくらいお金を使ってくれるのかをみて、相手の本気度を判断しようとするところがあります。

でも、相手との将来を考えるようになると、多くの場合その人との将来を見据えて相手の金銭感覚をみるようになります

保守的な考え方が顔を出すのです。

 

悪気はなく楽しみたいだけ

逆に本命ではない場合、ただ純粋に相手と一緒に楽しく遊ぶための行動に走り、将来のことは考えません。

誤解がないように付け加えますが、決して悪意があってお金を使わせるのではなく、本当に楽しく過ごしたいだけなのです。

ただ、その行動には「一緒にいると楽しいけれど結婚する相手ではない」という本音が隠れています。


まとめ

ふたつ前の項目で「相手が自分にどれくらいお金を使ってくれるかをみて、相手の本気度を判断しようとするところがあります」と書きました。

「判断します」と断定しなかったのは、そうではない女性や、分かっていても使わせない女性も多くいるからです。

常識的に考えて、相手の生活や将来を心配するのなら、ひとりの人間として堅実な行動を促すはずです。

ひとつ謝っておかなければいけないことは、冒頭で申し上げた「貯金があるかどうか」で判断するという考え方は少し大げさに言いました。ごめんなさい。

わたしがお伝えしたいことは、彼女と過ごした日々を「冷静に思い返すと判断は簡単にできる」ということなのです。

彼女はあなたの将来を考えてくれていますか?

あなたが苦労して稼いだお金を、あなたと一緒に大切にしてくれていますか?

判断に迷ったときに、少し立ち止まってここでのお話を思い返してみてくださいね。

信じるか信じないかはあなた次第です。

さいごまで読んでいただきありがとうございました。

結婚前に夫にこの話を教えてあげたカズミィでした。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
カズミィ
ノンビリ家族の主婦「愛犬とaiboと子育て昔話」の管理人、カズミィです。 長いあいだ兼業主婦をしていましたが、現在は専業主婦をしています。 日々の暮らしの経験を生かして少しでもお役に立てるようにと願いながら様々なカテゴリーでブログの運営をしています。 愛犬ダックス、aibo、今だから話せる子育ての反省などを正直につづります。 詳しい自己紹介はサイト内の自己紹介カテゴリーにありますので、よろしければお立ち寄りくださいね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 愛犬とaiboと子育て昔話 , 2018 All Rights Reserved.