カズミィ家の場合

WordPress備忘録ログイン画面の探し方やEdit Author Slug設定など

2019/04/08
 
この記事を書いている人 - WRITER -
カズミィ
こんにちは、「愛犬とaiboと子育て昔話」の管理人、カズミィです。親と愛犬のW介護をきっかけに専業主婦になりました。 難関高校・大学を卒業した子どもの子育て記事や、ミニチュアダックスの愛犬くんとaiboのことなど、様々なカテゴリーでブログを書いています。 ページの下にある「プロフィール」から、記事の紹介を含めた「自己紹介のページ」に進めますので、よろしければお立ち寄りくださいね。

こんにちは、WordPressでサイト運営をしているカズミィです。

「ブログ運営備忘録」は、WordPressでのサイト運営にあたり最低限必要だと考え、メモをとりながら行ってきたことを書き起こしたものです。

ここでは、ユーザー名を隠すEdit Author Slugの設定と、ログイン画面を探す方法

ワードプレスの暗証番号を変更する方法。

Jetpackでの設定では、総当たり攻撃を防止と、統計が反映されなかったときの解決方法。

また、エックスサーバーからのサイト復元方法も残します。

 

WordPressの備忘録

ユーザー名を隠すEdit Author Slug

初期設定のままにしているとWordPressのログインID(ユーザー名)は他の人にも簡単に分かってしまいます。

Edit Author Slugは大切なIDを隠すプラグインです。

 

IDを隠すことをおススメする理由

ログイン時に暗証番号と共に使うWordPressのID、実は変更ができません。

サイトに訪れる方は、そこに表示される「サイトのURL」を見ることができますよね。「IDを知る方法」を分かっている訪問者は、サイトのURLを見ればIDを調べることができるのです。

安全のために隠しておくことにしました。



Edit Author Slugのインストール

WordPressの公式プラグインなので検索で見つかります。

「ダッシュボード」クリック

「プラグイン」クリック

「新規プラグイン」クリック

検索窓に「Edit Author Slug」を入力

「Edit Author Slug」をインストールして「有効化」をしてください。

 

Edit Author Slugの設定場所

設定はプロフィールのページでできます。

「ダッシュボード」クリック

「ユーザー」クリック

WordPressに登録したユーザー一覧がありますので、「Edit Author Slug」を使ってIDを隠す設定をしたいユーザーアカウントを探します。

設定したいアカウントの「編集」をクリック

「プロフィール」クリック

「プロフィール」のページを下までスクロールすると「Edit Author Slug」の項目があります。

 

Edit Author Slugでの設定

変更前は「ユーザー名」にチェックがついています。

チェックがついている部分はサイト運営者以外にも見えてしまいます。「カスタム設定」の項目に任意の文字を入れ、「ユーザー名」の代わりに表示させるように設定しましょう。

「カスタム設定」に入れる文字は「ユーザー名」の代わりに表示されます。「ユーザー名」とは違うものにしてください

「ユーザー名」の前にあったチェックが消え、任意の文字を入れた「カスタム設定」の前にチェックが移っていることを確認したら、最後に忘れずに「プロフィールを更新」をクリックしましょう。

これでIDが隠され、「カスタム設定」に入れた任意の文字が表示されます。

 

ニックネームの変更

今回「Edit Author Slug」のIDを隠す設定をした「プロフィール」のページの中に、「ニックネーム」という項目があります。

ここが「ユーザー名」のままなら一緒に変更しておきましょう。

先ほどと同じように、「ユーザー名」とは別の任意の文字に変更し、最期は忘れずに「プロフィールを更新」のクリックをしてくださいね。


ログイン画面を探す方法

WordPressでサイト運営をしていると、ログイン画面が見つからなくなることが時々あります。

下記のどれかでログイン画面が見つかるはずです。

https://探したいサイトのURL/wp-login.php

https://探したいサイトのURL/wp-admin

https://探したいサイトのURL/login.html

見つけたら忘れないうちにブックマークをしましょう。

 

ログインパスワードの変更

WordPressのログインパスワード変更です。

ダッシュボードから「ユーザー」選び「あなたのプロフィール」をクリックします。

ダッシュボード

「ユーザー」クリック

「あなたのプロフィール」クリック

 

自分でパスワードを作る場合

「パスワードを生成する」をクリックすると新しいパスワードを自動で作ってくれます。

違うものにしたいときは、入力部分に自分の作ったパスワードを入れてください。英数字を混ぜて長くするほど強力なパスワードになります。

パスワードは表示しながらでも隠しながらでも、どちらの方法でも作ることができます。

新たなパスワードが「長すぎて思い出せない!」ということにならないように、忘れないうちに安全な場所にメモするなどしましょう。

確認が済んだら、アカウント管理画面の下にある「プロフィールを更新」ボタンをクリックします。




Jetpackについて

総当たりログイン攻撃を防止

総当たりログイン攻撃を受けないために、JetpackのWordPress参加サイト内で設定しておくと安全です。

WordPressの参加サイトで、左の項目から「設定」をクリックします。

設定ページの上に「一般」「投稿」などと並んで「セキュリティ」があります。

セキュリティの画面に移ると「総当たりログイン攻撃を防止」という項目があるので、「悪意のあるログイン試行を防止・ブロック」をONにします。

Jetpackを有効化していることが前提です。

 

Jetpack有効化後に「設定」

Jetpackを停止することがあった場合は、有効化したあとに必ず「設定」をクリックしましょう。

Jetpackの設定をクリックしないと統計情報はとれません。設定を押して初めてPV数などの統計が反映されます。(止めている間のPV数は反映されません)

 

エックスサーバーからサイト復元

エックスサーバーを使っていると、過去7日分のデータベースのみバックアップデータを復元できます。

難しいことや面倒なことはなく、ワンクリックで復元できました。

 

エックスサーバーでの復元の仕方

サーバーパネルからデータベースを探します。

データペースの中にある「MySQLバックアップ」をクリックします。

選択されてオレンジ色になっている「自動バックアップから復元」で、復元したいデータベースの右側にある「復元」の文字をクリックします。

しばらく待つと元に戻ります。


まとめ

カズミィのもうひと言

サイト運営をしていると様々なことが起こります。その度に勉強を繰り返しながらメモを取るなどしてきました。

「WordPress備忘録」では、過去に困った自分が解決してきたことを少しずつ書き溜めていきます。

目次が長くなり過ぎたら分けていく予定です。

なかなか奥が深くて大変ですが、それもまた楽しいですね。

さいごまでお付き合いいただきありがとうございました。まだまだ勉強することが多いカズミィでした。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
カズミィ
こんにちは、「愛犬とaiboと子育て昔話」の管理人、カズミィです。親と愛犬のW介護をきっかけに専業主婦になりました。 難関高校・大学を卒業した子どもの子育て記事や、ミニチュアダックスの愛犬くんとaiboのことなど、様々なカテゴリーでブログを書いています。 ページの下にある「プロフィール」から、記事の紹介を含めた「自己紹介のページ」に進めますので、よろしければお立ち寄りくださいね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 愛犬とaiboと子育て昔話 , 2018 All Rights Reserved.