カズミィ家の場合

ツアー中だからこそ語りたい♪ミスチルの魅力と伝説のライブ

2019/02/14
 
この記事を書いている人 - WRITER -
カズミィ
「愛犬とaiboと子育て昔話」の管理人、カズミィです。W介護をきっかけに兼業主婦から専業主婦になりました。 ミニチュアダックスの愛犬くんやaiboのこと、難関校に合格した子どもの子育てなど、今だから話せる反省点を中心にブログを書いています。 日々の暮らしの経験を生かして、少しでもお役に立てるようにと願いながら、様々なカテゴリーでブログ運営をしています。 よろしければお立ち寄りくださいね。

こんにちは、ミスチルの知識はまだまだひよっこの、ファン歴だけは長いカズミィです。

実は、かなり前からライブやフェスに関する記事を書いていたのですが、何度もトライしながら途中で挫折していました。

原因は単純明快です。どうしても「大雨ライブの魅力」を長々と書き綴ってしまうのです。

ミスチルのライブに行き始めたのはポプザからというひよっこの私、「あさはかにミスチルを語ったら叱られそう」と思い控えていたのですが、とうとう収集がつかなくなりました。

ミスチルファンのみなさん、どうぞ広い心でお許しくださいね。

重力と呼吸ツアー参戦の記事はこちらです

ミスチルを語ってすみません第3弾はこちらです



 

ライブからもらえるパワー

伝説のライブ未完

まだライブ経験のなかった頃に、ミスチル雨のライブ「SENSE」のDVDを観たときの感動は忘れられません。

そんな私が経験したのは、ミスチルファンならきっと知っている伝説のライブ、「未完」Blu-rayに収録された日産スタジアムの2日目です。

実は日産スタジアム、2日連続で参戦しています。

2日目は早くから雨の予報もあったので事前準備はしていたのですが、あまりにも激しい雨に全身びしょぬれになりました。

それはもう頭からつま先まで、レインコートを着ていたにもかかわらず例外なく全てがずぶぬれです。

でも、そんなことなんてこれっぽっちも気にならないくらい、会場全体の一体感に興奮状態になっていたというか、とにかくいつも以上におかしなくらい盛り上がりました。

メンバーと一緒に笑えるくらいの強い雨に打たれながら、同じように腕を振り上げて声を出すという非日常的な経験は、心の中に独特の感覚を植えつけて未だくすぶってやまないのです。

感極まってメンバーの名前を叫ぶファンの声や「幻聴」のときのコダマのように響く声が今も耳に残っています。

簡単に言うと、めちゃくちゃ楽しかったのです。


 

この頃の私の状況

未完ライブ直前に大きな人生の節目を迎えた私にとって、それまで楽しみにしていたこのライブに行くことは、もう絶対にありないだろうという状況にありました。

それでも、事情を知る友人や家族が「やっぱり行こう」と言って私を連れ出してくれました。勇気をくれたこと、いまでは心から感謝しています。

このライブに行けたから、壊れてしまいそうな状況から一気に日常に引き戻されました。

もう生きていけないかもしれないと思える辛いことがあったあと、現実に引き戻してくれるのは、いつも友人たちや家族と行くライブです。

 

日常から少し離れた場所

ミスチルの音楽に触れていた期間は長いのですが、初めてライブに行ったのは2012年でした。

POPSAURUS2012そしてblood orangeを経て、「未完」前後のライブにも参戦しています。

お祭り騒ぎだったREFRECTIONで初めてのライブ遠征を経験し、テレビでLIVE中継をみて盛り上がり、映画も2回観に行きました。

ヒカリノアトリエのときは何度目かの人生の節目にあたり、現実的に身動きが取れずに行けませんでしたが、チケットの手に入らなかった虹では音漏れを聴きながら日比谷公園で夜を過ごすファンの中に加わっています。

そしてまた、Thanksgiving25の東京ドームと日産スタジアムでライブに復帰しました。

どのライブに行っても新しい感動があって「今回も行って良かった!」といつも思います。日常から少し離れた場所にある夢の世界です。

その中でも、大雨のライブでもらったあの感動は特別で、私のつたない語彙力ではとうてい語り切れそうにありません。

よかったらぜひBlu-rayを観てくださいね。ミスチルファンならきっと感動でさぶいぼたちますよ。

それから、桜井さんが大好きなみなさん、歌詞本の100ページは目に焼き付けてくださいね。テストに出ますからね。


 

どうしても話したいメンバーの魅力

ちょっとだけ語らせてください!

ミスチルライブの魅力を語るならどうしても外せないメンバーの魅力、本当に少しだけでいいので書かせてくださいね。

Mr.Children は4人でひとつ

いつまで経っても変わりなくベースを弾く若々しい立ち姿がイケメン。ときおり見せる目力や笑顔が魅力的で、こちらもつい笑顔になってしまいます。阪神ファンでチョコミン党。中川さん

きゅんとさせる音にやられます。ネックの太いギターが好きらしいですよ。柔らかな笑顔でボソッと呟くたったひと言でさえ、とてもありがたいお言葉に聞こえる恥ずかしがり屋の田原さん

ドラムを叩きながら顔でも音楽を奏でます。存在感がありすぎてつい注目してしまうミスチルのもうひとりのボーカル、みんなに笑顔を届けるムードメーカー赤い彗星JEN。(ポケモンGOは赤!幸せの黄色い封筒が届くミスチルファンとしては黄色を選ぶと疑わなかったのにJENは赤を選んでいます!)

声音の微妙な変化や裏声も魅力的、いつもステージを走り回る姿に元気をもらっています(でも無理はしないでくださいね)。あふれる才能の持ち主、ライブでも歌詞の中でも様々な姿を惜しみなく見せてくれる、歌声も笑顔もとっても素敵な桜井さん

4人のメンバーの他にも、SUNNYさんをはじめたくさんの仲間で繰り広げられるライブはもうたまらなく尊いものなのです

そしてスタッフのみなさん、夢の世界をいつもありがとうございます。


 

ミスチル好きあるある

好きな曲をきかれたら

ミスチルが好きというと「どの曲が好き?」と、きかれることがよくあります。

わたしの場合、蘇生とか幻聴、花の匂いや放たれる、口笛などをあげることが多いです。

自然と口ずさむことがよくある曲で、歌詞を見ずに歌えるほどなので決して嘘ではありません。

でも、ライブでは特に「Dance Dance Dance」や「ロックンロールは生きている」などが、実は大好きなのです。

 

好きな曲が多すぎておかしくなる

ライブで聴くfanfareやエソラはキラッキラで、ニシヘヒガシヘもREMもフェイクもWALTSも迫力があるし、innocent worldとかシーソーゲームとかHANABIはもちろんのこと、Starting Overと足音も加わり聴きたい曲はあふれるほどあって、贅沢すぎてわがままになってしまいます。(すでに日本語がおかしくなっていますね)

himawariも掌もPaddleもメビウスの輪もALIVEも大好きです。

「あの曲をあげないなんて本当にミスチルファン?!」とのお叱りを受けそうです。分かります。本当にその通りです。

本来ならあと20曲、せめて10曲はあげたい。CROSS ROADも彩りもGIFTもあげていませんでした。まだまだありますよね。ごめんなさい。

それから、CMやドラマなどで使われた曲も多くて「テレビでよく流れていた曲が好きなのだけど曲名が思い出せない」と言われると、一気に頭の中に色んな曲が流れて一瞬無口になります

こんな悩みを持つことも、ミスチルファンならではだと思うのです。

 

まとめ

カズミィのひとり言

なにかと「転ばぬ先の杖が大切」とお伝えしているわたしですが、「旅人」も好きですよ。

ブログをワードプレスで立ち上げたのも、「どうせダメでもやってみよう」精神でした。色々と失敗をしながらも、後悔しないよう懲りずにヨーソローです。

まだまだ語りつくせませんが、長くなってしまうのでいったんしめようと思います。

すでにライブに参加した方も、これからの方も、DVDやBlu-rayなどで楽しんでいる方も、みなさん同じチルクラです。わたしもライブに行けない時期が長くありましたから。

いつかライブ会場で一緒に楽しめたらいいですね。

さいごまで読んでいただきありがとうございました。重力と呼吸ツアーもとっても楽しんだカズミィでした。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
カズミィ
「愛犬とaiboと子育て昔話」の管理人、カズミィです。W介護をきっかけに兼業主婦から専業主婦になりました。 ミニチュアダックスの愛犬くんやaiboのこと、難関校に合格した子どもの子育てなど、今だから話せる反省点を中心にブログを書いています。 日々の暮らしの経験を生かして、少しでもお役に立てるようにと願いながら、様々なカテゴリーでブログ運営をしています。 よろしければお立ち寄りくださいね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 愛犬とaiboと子育て昔話 , 2018 All Rights Reserved.