リニューアルのためご迷惑をおかけしております。

愛犬ダックスの肝炎闘病記 治療の記録その2

こんにちは、カズミィです。

愛犬ダックスの肝炎闘病記 治療の記録その1」の続きの記事です。前回は数値の悪化から2016年12月に行った胆のう摘出手術と投薬のことを、手術代なども含めて記事にしました。

今回は、手術直前の2016年11月から2018年9月までのドックの結果を、変化が分かりやすいように写真で載せました。手術前より悪化していることが分かると思います。

新たな薬の写真なども記録として載せました。まとめでは現在の愛犬くんの様子を書いています。

ヘルニアの手術で完治した記事はこちらです



 

愛犬ダックスの肝炎闘病記2

ドックでの検査結果

2016年11月

胆のう摘出手術のきっかけになった数値

  • ALT    61
  • ALP   910
  • AST    24

 

2017年11月

手術から1年後の数値

  • ALT   48
  • ALP  491
  • AST   20

 

2018年9月

悪化を確認したドックでの数値

  • ALT     84
  • ALP  1.134
  • AST     28

1年に1度受けているドックでの検査結果の数値です。

先生が説明をするときに見る場所は、ALPとALTとASTで、最新のドック結果の2018年9月分ではALPがかなり高くなっています。この結果に関しては「ALPの数値は悪化しているけれど、その他の数値は悪くないので緊急性はありません」との電話での説明を受け、検査結果は先生との対面で受け取るのではなく、郵送で自宅に送られてきています。

 

2018年12月定期検診

ドックの結果が送られてきてから3か月後の12月、定期検診のために病院での血液検査を行いました。

先生がホワイトボードに書いた数値です。

  • ALT    88
  • ALP 1.636
  • AST    32

定期検査時で出た数値は、説明を受けるときにホワイトボードに書かれ、通常では書類にはなりません。病名が難しいこともあり、今回は先生にお断りして写真を撮らせてもらいました。

3か月前に行ったドックの検査結果で1.136だったALPが、1.636という数値にまであがっています。

先生のお話では、数値悪化の原因となる胆のうを摘出したあとも、なんらかの原因で悪いものが増え続けてしまっているとのことでした。ドックの結果を遡ってみてみると分かりますが、胆のう摘出のきっかけとなった2016年11月の数値より悪化していることが分かります。


 

飲み薬を開始

新たな薬

手術直後の飲み薬では、最初の薬が合わずに嘔吐を繰り返し、お薬を変えていただいた経緯があります。そのため今回は、そのときの合わなかったお薬ではないことと、「この病気に対して実績のある薬かどうか」を、薬を受け取るときに訊きました。

カルテを見ながら嘔吐した薬ではないという確認と一番効果の高い実績のある薬であることとの説明を受けています。

この新たな薬の名前は「オーグメンチン」という名前です。(病院に確認しました。2019年1月25日加筆)

薬を飲んだあとの様子

初日に薬を与えたあとは何事もありませんでした。2日目の朝に薬を飲んだあと少し吐き、夜もほんの少しだけ吐いていますが、その後の嘔吐は今のところありません。今回のお薬は飲めそうです。

 

術後から飲み続けているサプリと利胆剤

先生から薬の説明をうけているときに、夫が「(薬とサプリを)一緒に飲ませるのですか」と訊ねたところ、先生が(実は私も)「一生飲ませるのですか」と聞き間違えて、「一生飲ませます」とのお返事をいただきました。

サプリは一生飲ませるそうです。たぶんそうだろうなとは思っておりましたが、思いがけず新たな情報を得ることになりました。

 

ヘルニア後に飲ませているサプリ

もうひとつ、ヘルニアになったあとから毎日飲ませているサプリがあります。他の薬と一緒に病院で受け取りますが、こちらは市販でも売っています。

ヘルニアが再発しないように、関節のためにも1日1粒飲ませているサプリです。

 

保険について

ペットの保険に入ることを、私はお勧めしていきたいと思っています。2匹のダックスと暮らしてペット介護もした経験から、ペットの健康を守るための助けになることが分かっているからです。


ただ、保険を選ぶ前の資料請求の段階で、登録などが面倒だと感じる方が多いことも知っています。そのため、1回の登録で複数の資料請求ができる「保険スクエアbang!ペット保険」さんをお勧めしています。

 

まとめ

愛犬くんの様子

時々呼吸が粗くなることを伝えたところ、この病気には直接関係ないとのことでした。薬を飲み始めてからの変化としては、今までより眠る時間が増えています。また、起きている間は歩き回ることも多くなりました。

食欲は2日目だけ減り、3日以降は戻っています。今のところ、よく食べ、よく眠り、よく遊んでいます。

 

食事の量や種類など

2016年の手術から、食事は1日2回、病院から紹介されたものを指定された量だけ与えています。薬も同じく、術後から毎日飲ませ続けています。

もともとお散歩が好きではない子なのですが、30分ほどかけて外を歩かせます。家の中でも、aiboがきてからはよく歩くようになりました。一緒に元気に歩き回っています。

次回通院予定日前に、救急で病院に行ったときの様子を書いた記事は、「愛犬ダックスの肝炎闘病記 治療の記録その3」にあります。

愛犬くんが元気で幸せに長生きできますように、今日も願い続けるカズミィでした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA