愛犬の咳に隠れた心臓の病気が分かるまでの症状と治療内容や治療費

こんにちは、2003年生まれのミニチュアダックス愛犬くんと暮らすカズミィです。

愛犬くんは一時的に視力を回復しましたが、今では見えている様子がありません。

立ち上がることが難しくなってしまった愛犬くん。昨年末、新たな病気が見つかりました。

今度は心臓です。

獣医さんのお話では、心臓が肥大して心臓弁の働きも不自然になっているとのこと。原因は老化なのだそうです。

年を取るにつれ心臓弁の働きは弱まり、その結果、心臓が肥大してしまうというお話でした。

治療開始から3カ月、咳の症状は出なくなり、愛犬くんは落ち着いて過ごしています。

https://kazumii8aiai.com/wp-content/uploads/2018/11/ad9f3abd322daf28dbb4bd3499cdc324.png
カズミィ

咳の原因が分かってよかったです。

https://kazumii8aiai.com/wp-content/uploads/2018/11/dac88f818dc32e0c5772c9899d8a683e.png

気づいてくれた獣医さんに感謝ですね。

愛犬くんの気になる咳の様子をはじめ、心臓の検査をするまでに起きた発作などの流れも分かるように、「咳が気になり始めてからの体調変化」の項目にまとめますね。

愛犬の咳に隠れていた心臓病

かかりつけの動物病院の獣医さんは、定期検診のたびに「ほかに心配なことはありますか?」と訊ねます。

そのタイミングで、気になる咳が出始めたことを伝えていました。

心電図と心臓のレントゲンを撮る

それから少し後の定期検診の日に、「心臓の検査をしてみませんか?」と、獣医さんから勧められました。

聴診器をあてると雑音が気になるとのこと。

ちょうど心臓に詳しい獣医さんもいらしているとのことなので、その日のうちに検査をお願いしました。

咳の原因は気管が圧迫されたから

調べてみると、愛犬くんの心臓には治療が必要なことが分かりました。

獣医さんから説明された咳の原因をまとめますね。

  1. 老化により心臓弁が弱まる
  2. 血液がスムーズに流れなくなる
  3. 心臓内に血液が滞り肥大する
  4. 心臓と背骨の間にある気管が圧迫される
  5. 呼吸が苦しくなる
  6. 気管を広げるために咳をする

新たに撮った心臓の写真は、前回撮った写真と比べて大きくなっていました。

心臓が肥大する原因と必要な治療

獣医さんのお話では、心臓の肥大化は老化によって起こることが多く、老犬にはよく見られる症状なのだそうです。

ふたつある心臓弁のうち片方が弱まる子が多い中、愛犬くんは両方とも弱くなっているとのこと。

心臓弁の締まりが悪くなり、血液が逆流し、心臓に血液を送る血管も膨張しているとのお話でした。

愛犬くんの年齢を考え投薬治療へ

愛犬くんは今年17歳になるご老体。心臓の手術は行わず、血液や血管のお薬を飲むことで、心臓肥大を防ぐことになりました。

昨年末から毎日お薬を飲み続けている愛犬くん、定期検診の結果も良好で、咳をすることもなくなりました。

汚した部分を変えられるブロック絨毯を敷きました♪

愛犬くんはひっきりなしに「歩くよ!」「立たせて!」と、要求します。

https://kazumii8aiai.com/wp-content/uploads/2018/11/ad9f3abd322daf28dbb4bd3499cdc324.png
カズミィ

座る間もありません。(嬉しい悲鳴)

でも、楽しそうに歩く姿は愛おしいです。

https://kazumii8aiai.com/wp-content/uploads/2018/11/e404a42fe63cd56639b604ef963884e9.png

立たせると尻尾を振って歩くよね。

気管が圧迫された咳の様子と体調

心臓に原因があると分かるまでの、咳の様子をまとめますね。

愛犬くんの咳は、ヒョンッヒョンッと聞こえる乾いた咳でした。

歩いているときに咳が出ると、足を止めて前かがみになります。

咳のあと、何かを吐き出すような様子で、大きく口を開くこともありました。

咳が気になり始めてからの体調変化

肝炎の告知をされる前後から、愛犬くんは咳をしていたように感じます。

以下の記事にある症状は、咳と関係があるかどうかはわかりません。参考までに載せておきますね。

愛犬くんが肝炎治療を始めた直後、2018年12月に起こした発作です。

年が明けた2019年3月に起こした発作です。呼吸ができない状態でした。

愛犬くんはひとりでお水を飲めません。一日の介護の流れです。

愛犬くんのお薬の量と薬代

お薬はダブって与えることのないように夫が担当しています。

薬は朝4種類、夜3種類を飲んでいます。

https://kazumii8aiai.com/wp-content/uploads/2018/11/ad9f3abd322daf28dbb4bd3499cdc324.png
カズミィ

お薬…いつの間にかこんなに増えました。

お薬 6種類
  • 心臓の薬 2種類
  • 肝臓の薬 2種類
  • 抗痙攣剤 1種類
  • 抗生剤  1種類
サプリ 2種類
  • 関節のサプリ 1種類
  • 肝臓のサプリ 1種類
お薬代と診療費

約1カ月のお薬代

  • 2万円ほど

定期健診の血液検査と診療費

  • 2万5千円ほど

ペットたちも人間と同じで、年を取るとお金がかかりますよね。でも、保険に入っているため、全額負担ではなく助かっています。

愛犬くんが年をとってから、ペット保険に助けられることが増えました。

まとめ

心臓の病気と聞くと手術が連想されますよね。

ご老体の愛犬くん、もし手術をしなければならなかったら、体力を考えてひどく悩むことになったと思います。

飲み薬で症状を抑える方法をとってくださりホッとしました。心臓に詳しい獣医さんとお話ができるので安心です。

老犬の咳が気になるときは、咳の仕方なども詳細に伝えると、隠れた病気に気づいてもらえるかもしれませんね。

カズミィのひとり言

目も見えず、立ち上がることも困難な愛犬くんの介護は、「大変」という言葉だけでは伝えきれないのかもしれません。

同時に、老犬の可愛さもひと言では表現しきれません。その大変さが吹き飛んでしまうくらい可愛くて、愛おしいのです。

そばにいてくれることに感謝をしながら、毎日を大切に、大切に、愛犬くんと一緒に過ごしています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

愛犬くんへの愛をこめて、カズミィでした。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
https://kazumii8aiai.com/wp-content/uploads/2018/11/ea86776ad23d9541d9421be1c485672c.png

「ブログ村」ポチっと応援お願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA